噛み癖

2012年11月27日 (火)

傷 その後

  「ハーネスによる傷」の日記を見て

  コメントくださった ロビンママ さんのアドバスを参考に

  革を使ってみました

     F1000185

     F1000187


  これは、リードでもハーネースでもなく

  噛まれ防止アイテムで我が家オリジナル・・・全然自慢になりませんが・・・ confident

 

  後脚麻痺になった状態で、いかに噛まれないように世話をするか

  で、生まれた苦肉の策

  もともとはベルト

  コレはモンベルのパンツに使われているもの、200円くらいだったか・・・

    F1000083


  の様に後脚の付け根あたりに巻き、吊り上げていました

 

  そして今回、このベルトに革を巻きつけ皮膚への摩擦を軽減させることに

 

  とりあえずは、コレで移動は可能

  衛生的ですべりもよく

  ロビンママさん、ありがとうございました confident

  ハーネスのメンテナンスについては検討中

  現在、前脚に装着のハーネスは、オーダー品だったので

  肌に優しいバイアスを使用しているようで、今のところ問題なし

 

  傷も良くなったし、そろそろ車イスの出番かな

 

 

  前脚の麻痺進行に加え、後脚の傷

  お散歩に行かなくなってからは、昼寝ばかり

  夜、眠れなくなっちゃうよぉ~

    F1000170

  気持ちよさそうな顔をして・・・・

  そして今晩も、キミは吠えるのですか・・・

 

 

 

    

 

 

 

 

2012年11月12日 (月)

ハーネスによる右後脚の傷

  ごめんsweat01 カイ

 

  ハーネスによる摩擦で

  右後脚の付け根に、傷がある事に気がついた

 

  かかりつけの病院へ

  その間、ずっとご主人様の膝の上

 

    F1000158_2


    F1000157_2

         イタイ事するの?  dog

             んんんぅぅ~ たぶん、ちょっとだけ confident

 

   処置中、”がぁぅ~”言いっぱなし

   痛そう・・・・ すまないsweat01

   ハーネスを着けたままでは、皮膚に良くない事は

   解っていたのに・・・

   注意が足りなかった

 

   付け根の傷と、その周囲がただれていた

   消毒して、抗生剤を塗り、抗生剤と消炎剤の注射

   塗り薬と、抗生剤の飲み薬10日間分を処方された

 

   傷が治るまでは、ハーネスは使えない

   噛まれ防止策としては必須アイテム・・・・ 

   はて?どうしたものか

 

   排泄時の移動は、タオルや幅のあるヒモを使って吊り上げ

   傷口への刺激を極力抑えて・・・

   とは、言っても四肢の立たない状態での排泄は難しいぃ~

   ので、傷に当たらないように、4輪車イスを一部改造して使用できないか?、

   只今、試作検討中

   せっかく造ってくださった「ポチの車イス」のご主人銀父さん

   ごめんなさい

 

   前脚のハーネスも、同じ事が起こる可能性は 大

   かと言って、外す訳にもいかない・・・んんん

   どうしたものかな  think

2012年10月31日 (水)

突然の前脚麻痺

 えええっ sign03

 それは、突然だった・・・

  DM発症から1年

 前脚が立たなくなってしまった

 午前中お散歩に行ってきたのに

 帰宅後、少し様子が変だとは思ったが・・・・

 

 こんなに突然動かなくなるものなの?

 

 動揺、隠せない

 と言うより、今の状況が理解出来ない

 

 なんて言っている場合ではなく

 とりあえず、かかりつけの病院へ連れて行くことに

 

 呼吸、心拍は異常なし ひとまず安堵

 心電図をとっている間、カイが小刻みに震えていて

 ”ぎゅっ”と、抱きしめたくなった

 不安で、怖かったんだろうな

 

 とは言っても食欲あり、それだけでも安心させてくれる 

 ドライフードは、喉に詰まらせないよう

 少しやわらかくしてあげるようにとの指示

 でも、それ以外は今まで通り好きなものを食べさせてあげたいな

 食べれるうちは・・・・

 

 

    F1000096

   

    F1000103

    寝顔にさえ、力がないような・・・

 

    F1000104

    念の為、常に尿とりパットをひいてます
    

    定期的に身体の向きを変えたいので、

    ハーネスは付けたまま ← コレ、噛まれ防止策

    後脚に使用していたハーネスを前脚に装着

    窮屈な思いさせてゴメン カイ

 

    F1000100_2

     食事はハーネスを持ち上げて食べさせる

 

 

 ”お外排泄犬”の為、庭先に出る際も、この状態でワープ

 ” 空とぶカイちゃん dog ”

 ただ、この方法では私の腕、腰がもちません・・・

 

 

 こんなにも早く、そして突然に前脚の麻痺が来るとは

 思っていなかったので

 何の準備も用意もなく、とても慌てています

 

 現在、4輪車イス作成検討中

 2輪車イスを作っていただいた「ポチの車イス」さんと相談予定

 それまでは、カイママも老骨にムチ打ちますから~ confident
 

 

 カイさん、もうすぐお誕生日だよ 

 チーズケーキつくるから、一緒に食べよう birthday

 

 

 

2012年4月27日 (金)

噛み癖

数日前に、カイの車椅子が届きました scissors

20120427111820_2
 「 軽っsign03 」

 カイの第2の脚になってくれることでしょう confident

”早速、装着!”と、いきたいところなのですが・・・・

 

実は・・・ちょと怖いのですsweat01

カイには噛み癖があります

「 ガウ ガウ 」程度のものではなく 「 ガブッsign01ガブッsign03 」 です

私達は何度となく噛まれ、その都度、外科通院です

通院で済まなかった事もありました

すべては、きちんとしつけをしなかった私達飼い主の責任です think

 

カイが7歳を過ぎた頃、主人の両親と同居する事になり、しつけスクールに入れました

今更、噛み癖が治るとは思っていませんでしたが

これまでの、室内放し飼いの状態では危険と考えたからです

 

室内での飼い方、生活のさせ方、そして一番必要だったのは、私達飼い主のカイとの接し方

4ヶ月間スクールに預けて、しばし離れ離れの生活

卒業1ヶ月前から週1度飼い主が面会に行き、そこでカイとの接し方のトレーニング

卒業後はトレーナーが訪問、散歩に同行し、スクールで学んだ事が実践させているかなど

丁寧な指導とアドバイスをしていただきました

トレーナさんにも、一度 「ガブッ!」 ってしちゃったんですけどね bearing

 

カイは「噛まない犬」になったわけではありません

しかし、噛む時には思い当たる”状況”があります、その状況を回避することで防いでいます

そして、これまではお留守番、就寝、日中も一定の時間以外、基本はハウス

 ”一番落ち着く場所” がハウスでした

DM発症後は、少しでも身体を動かした方が良いと思いハウスには入れていません

とは言っても、しばらくは自らハウスに入って寝ていましたが・・・・

 

リードは少し長めにしてつけています

リードは必須です、リードでコントロールすることが可能だからです

なので、カイの行動範囲は限られていますが、今ではいつも傍らにいます

 

これまで私は、カイと少し距離を置いて接していました

過去のトラウマもあります

しかしDM発症以降、カイとのかかわり方が変りました

 

何がしてあげられるのか、ストレスのない生活を送るには・・・

 

今では、飛び掛ることは当然出来ませんが、

首が廻る範囲では振り向きざまに噛まれる可能性は十分あります

気にさわると、「ガウッ~!」と歯をむきます

 

おとなしかったコーギーでもDMのストレスにいより、噛むようになったと聞きました

主人は抱きかかえることができますが、

私は後ろ脚付け根あたりを持ち上げて介助してあげるのが、今のところは精一杯

今後、前脚の麻痺が進行したら・・・

考えると不安はイッパイありますが・・・まっ、その時、その時考えるとしよう!

カイは、私の怖さや不安を敏感に感じとっています

 

本当は前脚もマッサージしてあげたいのですが、嫌がって歯をむき出します

散歩後の身体・脚拭きは嫌がらないのですが・・・・前脚、鼻付近は要注意なのです!

普段はイッパイ、お腹さすったり、モミモミ出来るんですけど・・・・

 

なので・・・・って 前おき長すぎsign01 ですが

 

慣れるまで、コツを掴むまでは、一人で車椅子に乗せるのが 恐怖shock なのです

とは言え、介助ハーネスも、始めはドキドキでしたがコツを得て一人で装着できたので、

車椅子もきっと大丈夫 scissors のはず

 

今も隣で安心しきって寝ているカイの姿を見ていると

きっとカイも、私達を近くで感じていられて満足しているのではないのかと・・・・

・・・って、うまくまとめようとしている、その横で・・・

20120427201439
 「 ブゥ~dash 」 は、ないでしょう・・・・カイさん dog 

 

DMという病気を発症しなければ、こんなにも近いカイとの生活は無かったな