« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年10月

2014年10月30日 (木)

乗鞍岳

  ” 紅葉を見にいこうよう ” 去年の高尾山につづき 今年は乗鞍

【中央道松本IC → 乗鞍高原観光センターP → (バス) → 畳平(2700m)

 → 剣ヶ峰(3026m) → ピストン下山 → 乗鞍温泉やまぶき(一泊) → 番所大滝

 → 松本 信州牛焼肉ランチ(ニヤッ) 10月19~20日 】          高低差 326m

                                         ヤマレコ 投稿ご主人様

今年の「紅葉を見にいこうよう」は、一泊

あぁ~下山の後は、温泉で温まって、グビグビ~っと、のんびり出来るのかと思うと

たまんないねぇ~

乗鞍岳は、23のピークからなる大規模火山群の総称

標高3026mの最高地点となる山頂 剣ヶ峰を目指します

 

  1410221

      乗鞍高原j観光センターP

ここに車を置いて、シャトルバスに乗り換えます

 

ここからは上高地同様、マイカー規制の為、シャトルバスに乗り換え

乗鞍エコーラインを通って、畳平へ向かいます 往復2500円

途中から森林限界で、一面ハイマツの樹林帯、紅葉する山々を下に見る感じ

   1410224

           畳平 到着 

 「 うわぁ~ 空が青くってキッもちいいなぁ~heart02 」 

                   ( 今回も登場 鈴木麻里子さん風 )

 

トイレを済ませて、乗鞍本宮神社で怪我のない安全登山を祈願して

  1410225


さぁ~ 出発!

 

  1410226


既に森林限界なんで、ひたすらザレた斜面 

  1410228

    あの、一番高いとトコを目指します 

 

   1410229

  14102211


数日前に雪が降り、一部凍結しているところも

 

  141022212

      剣ヶ峰 山頂 到着 3026m

南側には思いがけない近さで、御岳山

噴煙を呆然と見つめて ・・・ 二人で合掌 

 

山頂を少し下った「山頂小屋」近くで昼食

大パノラマの中での昼食はサイコーです

  Img_0307

         穂高連峰も・・・・
  

 

  Img_0304

 

    「 うわぁ~きっもちい~な heart04 」  って、

麻里子さん風  音声入り動画を撮ってみようと思いましたが

やはり、恥ずかしいのでやめておきました
   

  14102214

  いつものカップラーメンに、今日はカステラ

今回は、宿泊なんで、気持ちもなんだかゆったり

のんびりと下山開始です

  14102215

 滑らぬように、ケガの無いよう 最後まで慎重に・・・

 

  14102216

畳平バス停の目の前にあるのは恵比寿岳 ここは立ち入り禁止  

 

14時5分発のシャトルバスには、まだ時間があったけど

既に列が出来ていたので並んでバスを待つことに

ここ畳平からバスセンターまでのシャトルバスは、毎時5分発の一時間に1本

この日は増発してました

 

宿は、バスセンターの近く 「やまぶき」 さん

こじんまりとして、とても清潔感のある宿 

リフト乗り場が目の前なので、スキー客には嬉しい立地だね

さぁ~ 浴衣に着替えて 温泉にGO!

白濁の硫黄泉

これもまた 「きっもちいいぃー」 麻里子さん風  ひつこい

   14102217jpg_2

 

温泉で十分身体をほぐしたあとは・・・・

夕食を待ちきれず、お部屋で一杯  

  14102218

      ううううう たまらんねぇ~

この日の宿泊は他4組 皆、年配 (私達 含めず・・・まだ) のご夫婦

食事は土地のものづくし

馬刺し、岩魚の塩焼き・・・これは初めて食べた

食べず嫌いでウン十年でしたが、とても美味しかった

お酒がすすんじゃうね~ご主人様 (このあと 日本酒)

ガツガツしていて 写真撮り忘れ~

 

翌朝は、近くの土産物屋に立寄って 信州安曇野牛乳を グビッ

  14102220

 

その後、番所大滝に立寄りました

気軽にクロックス姿で降り立ちましたが・・・・

急な階段や坂道でちょっと後悔

  141022_1883
 

    下が見える 網目の階段 ゾゾッ~    

  14102221


  14102223 

   写真がよくなけど、迫力の滝に美しい紅葉

 

しばらくは くねくねの道と狭いトンネル

  141022_1887

   大型車と擦れ違うのがこわ~いのです

 

  141022_1888

  途中 道の駅で購入したおやき 「いねこき菜」

                       → いねこきな とは野沢菜のことらしい

 

お昼どうしよう~

せっかくなんで、信州牛でも・・・・ってことで、スマホで検索

中央道に入る前に、焼肉屋へGO GO!

  141022_1890 

      信州牛カルビ定食にロース定食

今年の 「 紅葉を見にいこよう 」  は

山歩きだけでなく、観光も兼ねたのんびり行程で

楽しかったな~

 

さて、安全運転で帰りましょう~  

  

 

2014年10月29日 (水)

芸術の秋

ボタニカルアート画家である友人の個展

「山田道恵 植物画展 薔薇肖像Ⅵ」 (10月23日~29日) に、出かけました。

その日は開催5日目。宣伝にならなくてゴメンネ・・・・友人

 

 

二年に一度開かれる個展に毎回母と出かけます。

う~ん 芸術の秋ですなぁ

 

  1410271 

表参道から少し入った Gallery Concept 21

こじんまりとしていて、彼女の雰囲気と絵画にピッタリの会場です

 

この個展はタイトルのとおり、「 薔 薇 」のみです。

  1410272

お教室の生徒さんなど、回を重ねるごとに、盛況に

  1410275


  1410273

       母のお気に入りの一枚

  ” The薔薇 ” って感じの赤が映える額装

  彼女曰く、タカシマヤのバラ的雰囲気で、年配の方が好むそうな・・・

  まさに、その通りだね 
 

 

  1410274

          私のお気に入り

こちらは少し若々しい?・・・フフフ

 

 

売約済のシールが貼ってあったりして・・・お値段数十万円・・・

花のなかでも、薔薇って書きにく~ぅって思うんですけど

気の短い私には 絶対無理! 「私も・・・」 母も隣でつぶやいてました

 

数年前に個展で購入した、彼女の絵

  14101906

光っていて写りが悪いんですけど・・・

塗り残しの未完成品では決してありませんよ~

下絵の鉛筆画に、薔薇にうっすら色をさしたものです

部屋の雰囲気に合わせて選んだのですか・・・

まぁ~正直、値段も手に届く範囲だったんで sweat01

 

 

そしてこの後は・・・

入りづら~いお店を、ウインドウショッピングでぶら~とスルーして

 

平日なのに人多いねぇ

この人は、ファッショナブルなのか?ダサいのか?

それさえもわからなくなっている自分 ついてけないね

 

 

最後は、表参道の千疋屋でお茶するコースが毎度定番 

秋のマロンづくしのパフェと思いましたが、

ランチコースのサラダとサンドイッチでおなかが十分膨れてしまいました

フルーツサンド美味しかった

 

 

芸術もいいケド

食欲の秋だな~私は

 

2014年10月15日 (水)

木曽駒ケ岳と長い一日

相変らずの だいぶ前のお山の記録

【 中央道 駒ヶ根IC → 菅の台バスセンターP → (バス) → しらび平ロープウエイ駅(1662m)  

→ (駒ケ岳ロープウェイ) → 千畳敷(2640m) → 乗越浄土 →  中岳(2925m)

→ 木曽駒ケ岳(2956m) → ピストン下山 → ソースカツ丼(ニヤ) 9月6日 】  

                                               高低差 348m   

                                        ヤマレコ  投稿ご主人様

この日目指すのは 「木曽駒ケ岳」

中央アルプスの最高峰  あこがれのアルプスなのであります

この日は、東名・海老名JCTから圏央道を使って中央道に向かいました

ウチのカーナビ古いもんで、山の中迷走してます

当然ですが、トンネル多いです

途中事故で大月~勝沼間が通行止め 国道20号で迂回し再び中央道へ

 

駒ヶ根ICを下りてから、ちょっとしたトラブル

運転したいたのは私

信号待ちで、カーナビに気をとられブレーキの踏みが甘かった~

前方車両に接触

大したことなく、相手の方が「まぁ、イイっしょ、気をつけてね」と・・・

そのご厚意に、大泣きするほどの感謝の気持ちを込め、深~く頭をさげました

ここで警察呼んでたら、ここ長野まで来て、お山に登ること無くトホホの帰宅でした

あの時のあの方に感謝です

 

 「大事に至らず良かったね~」 と、再び目的地を目指します

今日、最後の最後に、再びこの言葉をかみ締めることになるとも知らずに・・・・

なんやかんやありましたが、8時30分には駒ケ岳バスセンターに到着

駐車料金一回500円です

  14961


  14962

千畳敷駅までのバス&ロープウエイ 往復チケット 大人3900円

  14963

  「 うわ~ キレイな空だなぁ~heart01 」    

                     鈴木麻里子さん 風 (NHK日本百名山ナレーション)

 

 

  14964

        dog まいど!


  149621_2


  149641

バスとロープウエイで一気登れるので、3000m級でも日帰りOKです

観光客も多いです

 

  149643

遠くに富士山が見えるのですが・・・・おわかりになります?

いつも見ている自宅からの富士山とは真逆の方角から

  

  1420202

     剣ケ池から見る千畳敷カール

この目の前の岩壁をジグザグに登り その先へ行くのだぁー

 

  149634_3


  149651


  149652

    高山植物がいっぱい

  

  

  


  Img_0263

      茶色い建物が千畳敷駅

まだ、少ししか登ってません

 

いよいよ。ここからが観光客と登山者の分かれ道!

  149653

われわれ左に進む也


  149654

「 うわ~ キレイな空だなぁ~heart01 」 鈴木麻里子さん風(NHK日本百名山アナ)

                                              し つ こ い

  1410104


 
  Img_0260

 左上に見えるのが千畳敷駅 ずいぶん登ってきました

 ここはかなりの急登です

  

  Img_0259

 

 

乗越浄土 到着 ここまで標高差270m

ここからは景色もかわり、岩と石

  149673

         右は伊那前岳

 

  Img_0257

          左は宝剣岳

  Img_0256

      小さくなった千畳敷駅

 

  149661

     大きな山小屋が2件ありました   

ここから少し下ると 正面に見えるのが中岳 

木曽駒駒ケ岳は その先

 

  
  149662

中岳を登るとようやく見えてきた 木曽駒ケ岳

意外にも ゆるくまあるい形

この距離 近そうで遠い 標高3000m近くなると少し頭痛が

休憩を何度もとりながらゆっくり進みます

 

 

山頂!2956m 

    
  1410105    

    それはそれはの大パノラマで興奮

    「 きっもちいぃぃ~ heart01 」  麻里子さん風 (かなり しつこい )

  

  Img_0251

  

  Img_0249_2

       無事の登山に感謝して

 

 「 家に帰るまでが遠足です 」

小学生の頃 先生が言ってましたね 気をぬいてはいけないのです 

 

  1410106

 
山頂は風もなく、とても心地よくお昼をいただきました

いつものアレですが

 

 

山頂の景色と美味しい空気を堪能し 下山

最後まで気を緩める事無く行きましょう

 

 

あと少しで千畳敷駅ということろで、ご主人様まさかの転倒

左薬指負傷 みるみる腫上がってきた

これはヤバイ もしやの骨折

常備のロキソニンを飲んで下山 のこりわずかの距離でよかったよ

・・・ だが、ここで結婚指輪を外しておくべきだった ・・・・

この後、ご主人様か救急外来でさらに痛い思いをすることに

 

 

気持ちを落ち着かせてこんな一枚をとってみた 

  1496104

 

さらには、「ソースカツ丼」を食べていく!と言うではないか

そんな呑気なこと言ってて大丈夫なのか?

とりあえず、駒ヶ根インター近くのお店へ

  149682

長野牛のヒレカツ ソースカツ丼 美味しそう~

要するに、とんかつ定食をひとつのお皿(どんぶり)に盛り付けたということだね

カツの下には千キャベツ

でも取り置き用の小皿もちゃんと添えられているのです(お味噌汁のうしろ)

ご飯少な目にはしたものの、「こんなに食べれないよ~」と思っていたけど

案外ペロリといただけました。

そう、ここからの帰路は、ずずずず~っと、私が運転ですから

スタミナつけておかないと!

 

 

山梨に入ったあたりから、大粒の雨、土砂降りの雨 行けども行けども雨

どうやら雨雲と供に走っているらしい

50キロ規制で交通量も比較的多かったので、ド緊張

おまけに中央道はカーブや坂が多い お陰さまで眠気も吹っ飛んだ

 

 

一端自宅で着替え、救急対応の近所の病院に連絡し診察してもらうことに

まずはレントゲン 指輪外さねば

  「最悪、切らないとね~」 と、先生

それもやむを得ないと思ったが、石鹸で滑らせる作戦に

「大丈夫 大丈夫 いけるいける!」の声と供に容赦なく指輪を抜く先生の背中

悲痛な表情とうめき声のご主人様

あああ、かわいそう・・・

で、とれました! 指輪 良かった 良かった

  「 ケガしたときより痛かった 」 ご主人様 談

やはり、薬指第一関節骨折

この程度で済んでホントよかった しかも左指だったし

  「 大事に至らず良かったね~ 」 と、ここでも嚙みしめる

自宅にもどったのは深夜でした

 

 

アクシデント続きの なが~い一日

でも、あの青い空と景色と達成感はサイコーでした

 

 「 おうちに帰るまでが遠足です 」  先生の言うとおりです 

 

 

御岳山の噴火、他人事とは思えない大きな事故です

被害にあわれた方のご冥福をお祈りいたします

まだ発見されていない方の、一日も早い発見につながりますように

« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »