« 虹の橋へ | トップページ | カイが教えてくれたこと »

2013年1月18日 (金)

あれから・・・

一週間が過ぎました

メッセージをくださった皆様、本当にありがとうございました

とても、とても、ココロに沁みました、ありがたいと思いました

ふさわしい表現ではないかもしれませんが、嬉しかったです

心よりお礼申しあげます

そしてお返事が遅くなってしまった事お詫びいたします

 

 

翌日、かかりつけの病院への報告とご挨拶を済ませ

カイとの最後のドライブに出かけました

一番やんちゃだった時を過した厚木の思い出の場所へ

 

 

丹沢山系の見える農道はお散歩コース

Dsc_0098_2

以前住んでいた家や、サッカーボールを蹴って遊んだ七沢森林公園

車の中から、見えていたかな

 

翌日、雨が雪に変わる頃、カイはお骨になりました

雪が大好きで、ガシガシと食べてお腹壊した事もあったね・・・

 

ごはんとおやつ、好きだったチーズパン 

  Dsc_0113

 

チーズケーキ  今度は月面じゃないよ  三等分にして・・・ 

  Dsc_0117

  Dsc_0118_2

斎場でも、用意してくださいましたが

明るく華やかな花・・・・

そして、一緒に撮った写真

 

これらを一緒に添えてあげました

 

今までの、わんぱくブイブイ犬が嘘のように穏やかで

今にも起きだしそうで・・・・

 

 

主人の連れ子、ならぬ連れ犬だったカイ

始まりは、二人と一匹

コレが我が家のカタチ

そして、DMを発症してからは常に傍らに居た日常

今、この非日常に困惑です

 

今まで、コロコロカーペットを常に転がし

今では、その抜け毛さえ愛おしく

 

 

何が死期を早めてしまったのか

もっと、あれを・・・これを・・・・

と、いう思いがこみ上げますが

きっと幸せだったと、信じることにします

なぜなら、私達が幸せであり、楽しかったから

 

 

咬まれることを恐れて、抱きあげる事が出来ませんでしたが

最後は、「ぎゅっ」と、「ぎゅーーーっ」と、抱きしめることが出来ました

一つ後悔があるとすれば、もっともっと長い時間

「ぎゅっ」と、しておけばよかったという事

 

 

あのフサフサの身体はもうないけれど

ずっと近くにいます、ココロにいます

 

  Dsc_0127

  Dsc_0122


そして三等分したチーズケーキを

その晩食べました

 

 

しばらくは、今までのようにカイ相手の独り言が続きそうです

 

 

カイです dog

短い間だったけど、いつもボクを応援してくれて

「かわいい」とか、言ってくれてありがと!

DM仲間のみんな~ 

もっともっと、もっともっと頑張るんだぞぉ~

バイバイ ☆

 Pic000db

 

 

 

 

 

« 虹の橋へ | トップページ | カイが教えてくれたこと »

変性性脊髄症(DM)」カテゴリの記事

コメント

カイママさん、初めまして。

こちらのブログを見つけた時は既にカイ君は虹の橋へ行ってしまっていたのでとても残念で仕方ありません。

我が家のコーギーLeonardoはカイ君より1ヶ月若い同じ14歳で、しかも同じように去年の誕生日を過ぎた頃からDMを発症しました。何だか状況が凄く良く似ていて他人事とは思えず思わずこちらにコメントしてしまいました。高齢になってからDMを発症しているコーギーちゃんの例が少なかったのでカイ君のことを知って凄く嬉しかったのですが・・・。

私達は只今オーストラリアに在住中なのですがLeoは日本で生まれ育ちました。こちらではDMのコーギー例が凄く少なくいつも日本のコーギーちゃん達の介護ブログなどを参考にさせてもらってるんです。
Leoも年末から前足に進行したような症状を見せ始め、注文した4輪車の到着を待っている状況です。

DMの子は最悪の場合最後は呼吸不全で苦しむともあるのでそういう最後は迎えさせてあげたくないなといつも恐れているのですが、急ぎ足だったかもしれませんがカイ君は穏やかに虹の橋へ行くことが出来てとても幸せだなって思っています。

カイ君、安らかに・・・Leoも頑張ってDMと闘います!

★ちと姉さんへ★

はじめまして、ちと姉さん。
メッセージ、ありがとうございました。
とても嬉しかったです。

姿カタチは無くなってしまったけれど、
今、カイには羽があっていつも私達の近くをブンブン飛んでいるんだ・・・
と、ダンナと話していました。
いつの間に、赤道越えて南半球まで飛んで行ってたのですね、
デカコーギーなのに・・・がんばったなぁ~

毎日メソメソしている私に、ちと姉さんを連れてきてくれた・・・
カイが亡くなってからのちと姉さんとの出会いに、そんな事を思ってしまいました。
メッセージ本当に嬉しかったです。

返信にあたり、ブログ拝見させていただきました。
カイと丁度一ヶ月違いのお誕生日なんですね。
カイが日本のチョンまげ侍ならば、
レオくんはスマートなロマンスグレーのおじいちゃまって感じでしょうか・・・
シュとした顔だちのハンサムくんですね。
日本生まれ名古屋育ちとはいえ、生活環境でかもし出す雰囲気が変わるものです。

サプリや漢方に針、ビーチで天然のリハビリと、色々工夫されてますね。
DM発症時から、いつか訪れる”この時”を覚悟はしていましたが、
本当に数日前までとても元気だったので「なぜ?」という思いでしばらく理解出来ませんでした。
でも、ちと姉さんがおっしゃるように、呼吸の乱れもなく静かな最後だったのは救いでした。
レオくんは、まだまだ元気の様子、食欲も旺盛のようなので家族の皆さんと幸せは時間をまだまだ過せますね。
今後、麻痺の進行にともなって、ちと姉さんも大変だとは思いますががんばって下さいね。応援しています。

そちらは、夏なんですね、今年の日本はとても寒いですよ~
これからも、ブログ拝見させていただきます。
介護グッズを必要とするわんちゃんの為に現地で良いものを広めてくださいね。

レオくん、がんばれ~遠い日本から応援しているよ!

カイママさん

レオのブログに訪問してくださってありがとうございます♪ きっとカイ君が海を越えて応援しに来てくれたんだと思いますhappy01

私もカイママさんのブログに出会えて凄く勇気づけられました。他のDMコーギーちゃんはもっと若い年齢で発症してるためか症状の進行がゆっくりみたいですが、レオはカイ君と同じ様に猛烈なスピードで進行中です。

少しでもスピードを落とせたらいいなと微かな望みをかけて東洋治療を得意とする獣医さんの元で色々と試してるんですがそれが効いているのかどうかは不明です。

ただレオがDMを発症したと知ってからは一日一日が凄く大切に感じるようになりました。余命3年と言われてる病気でも高齢もあっていつ何があってもおかしくないですもんね。ただ、健康なコーギーでも14歳になるのって難しいし、高齢になってDMになったことはある意味ラッキーな子だなって思っています。

レオにカイ君の事を話しました。レオもガウガウ坊主なのでカイ君とお友達になれるかはわかりませんが、もし虹の橋に行くことになったらカイ君って言うお友達がいるからねって言っておきました。

ちなみにレオはロマンスグレーなんてほど遠い、オーストラリアの『オージー』って呼ばれる田舎育ちのじいちゃんって感じですよ~。笑 

★ちと姉さん★

こんにちは。メッセージありがとうございました。
このブログを開設してから1年を迎える前にカイは旅立ってしまいましたが、
DMを発症してから、ノウハウを集めたくて沢山のブログを参考にさせていただきました。
そして励まされて・・・。
PC下手の私が、ここまでブログを綴ってこれたのも、そういった仲間の方々のあたたかいメッセージに支えられていたからです。
ちと姉さんが、少しでもそのように感じてくださったのなら本当に嬉しいことです。
十人十色、十匹いれば症状もさまざま、年齢も人間と違って1歳の差は大きいですよね。
何をしてあげたらいいのか、これで良いのか私も不安になりました。
カイも、かなりのガブガブ犬で、過去のトラウマから少し距離を置いていました。
しかしDMを発症してからは、ガブガブされないよう工夫しつつ、いつも傍らにいました。
カイとのふれあいがとても濃い一年になったと思ってます。
発症していなかったらあんなにココロ通うような、ふれあいは感じられなかったと。
この病気は傷みを伴わないのが救いですよね。
本当に一日一日が大切に思えますね

レオくんとこれからも濃い時間を大切に過してくださいね。

カイには言っておきます。
レオくんが橋を渡りそうになったら、短い手足をいっぱい広げて
「まだ来ちゃダメだよ!!」って”とうせんぼ”しちゃって!と。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584065/56562861

この記事へのトラックバック一覧です: あれから・・・:

« 虹の橋へ | トップページ | カイが教えてくれたこと »